アメリカ留学なら手数料無料で安心のアメリカ留学センター

TEL.0120-4192-09 オンライン申込み

ハワイ名所

ワイキキビーチ

ワイキキビーチ 世界のビーチを代表するのにふさわしいほど有名で、多くの観光客が集まるビーチ。
ワイキキ周辺のホテルから徒歩圏内に位置するので、とても便利です。
朝寝坊した方にも歩いていけるので安心です。
レストランやお店も近くにあることから気軽に行ける便利なビーチと言えるでしょう。
また、ワイキキ・ビーチはいろいろな楽しみ方ができます。
カタマランでしばしクルーズ、サーフボードをレンタルしてサーフィン、そして海水浴に日光浴。
防波堤で囲われているので大きな波が入り難く、小さなお子さんも安心して遊ぶことができます。
ただハイシーズンは日本人が多いので、ハワイのビーチを満喫したい方には遠出のビーチをオススメします。

アラモアナショッピングセンター

アラモアナショッピングセンター 買い物好きの日本人には、ここはまさに天国。
世界有数のリゾート、ワイキキの西に位置するハワイ最大のショッピングモール「アラモアナ・センター」。
広大なアラモアナ公園の北側に面した 20 万平方メートルの敷地に、日本ばかりでなく世界各地からハワイを訪れる旅行者にも人気のショッピングスポットとして知られ、なんと年間約 5600 万人もの人々が訪れています。
230 店を超えるショップやレストランなどがこれでもかと言うくらい揃っています。
リバティハウス、ニーマン・マーカス、シアーズなどのデパート、ブランドショップ、ギフトショップ、専門店の数々は 1 日かけても全部回りきれないほど。
オープンエアのモールでは、世界でもトップクラスの規模を誇る超ビッグなショッピング・センター日本からの旅行者が滞在中に必ず 1 度は訪れます 。

タンタラスの丘

タンタラスの丘 ダイヤモンドヘッドやヌウアヌ・パリと並んで、絶対に外せないオアフ島のビューポイントと言えば、「タンタラスの丘」。
ホノルルの北にせり出したコオラウ山脈の山裾に、火山の噴火で隆起した「天然のテラス」がこの丘なのです。
小高い丘の上に立つと、ダウンタウンに林立する高層ビルからダイヤモンドヘッド、その向こうに広がる真っ青な海までが一望のもとに。
また、夜景の美しさは格別で、夜のタンタラス・ドライブと言えばロコもお気に入りデート・コースの一つなのです。
ホノルルで一番人気のビュー・ポイント。正式名称はプウ・ウアラカア州立公園。
公園の先端にある展望台からはダイアモンドヘッド方面から空港方面まで、まさにパノラマ・ビューといった感じ。
ダウンタウンやワイキキを見下ろすパンチボウルの展望台が眼下に見えるほどだ。
  タンタラスの丘は夜景スポットとしてより人気が高いが、公園は夕方になると閉鎖されるため、夜景を楽しむ場合は少し手前の路肩にクルマを停める。
ただし、この道路は急坂やヘアピンカーブの連続で道幅も広くないので運転には注意が必要。
特に夜間は犯罪も発生しているので、タクシーで行くのが無難かも。

ハレイワ

ワ ( グンカン鳥 ) の土地名となった。
ノース・ショアのサーファーの町。
のどかな田舎町の風情で、ワイキキやダウンタウン辺りとはまったく雰囲気がちがう。

周辺にサンセット・ビーチやエフカイ・ビーチなどのサーフスポットが多いので、あちこちでサーフショップを見かける。
アリューシャン列島方面から絶好の波が押し寄せ、国際的な大会が開かれる冬季には世界各国から多くのサーファーがやってくる。

ドライブで訪れる観光客も多く、「マツモト・シェイブ・アイス」や「クアアイナ」(ハンバーガー)などの有名店にはいつも行列ができている。
地元の人達に人気のあるビーチのため、週末は駐車場を含めていつもいっぱいです。
冬になると絶好のサーフィンポイントとなり、更にたくさんの人が訪れます。
大きな駐車場が公園内にありますが、いっぱいの時には隣のハーバーにも停めることができます。
近くのハレイワ・タウンにはガイドブックにも載っているような有名なカフェやレストラン、サーフショップがあるので立ち寄ってみるのもいいでしょう。
あの有名なシェーブアイス(カキ氷)のお店「マツモト・シェーブアイス」もビーチから歩ける範囲の所にあります。

アメリカ留学センターお問合せ カウンセリング予約はこちら 無料見積りはこちら

語学学校一覧