アメリカ留学なら手数料無料で安心のアメリカ留学センター

TEL.0120-4192-09 オンライン申込み

初めての方へ

アメリカについて

アメリカ留学 アメリカは人口が約2.8億人、面積が日本の約25倍という大国です。
建国からたったの200年あまりで、驚異的な発展を遂げて、政治、経済、医学、IT分野、芸術、スポーツ、映画、音楽などありとあらゆる分野で世界最高水準の技術と知識を持っています。
英語の本場であるアメリカは国境や人種を超え、あらゆる人間が平等な教育を受けられる国でもあります。
ニューヨークやロサンゼルスなどの大都市や、ロッキー山脈やグランドキャニオンといった雄大な自然を見ることができるアメリカは世界的に見ても魅力的な国の一つといえるでしょう。

アメリカ留学のメリット

恵まれた環境と優れた教育
大学間の競争は激しいアメリカでは、大学の経営陣は学生に「選ばれる」ため環境整備を怠らず、教官は学生によくわかる授業を行い、学生の面倒を見るのが仕事と心得ています。
とりわけ素晴らしいのは大学院制度です。
大学院の人間関係は平等で、たとえ大学院生であっても優れた研究を行えば学会や研究会で発表の機会が与えられ、研究・実験施設や図書館の情報量といった大学の設備のよさも日本とは比べものになりません。
中規模以上の大学なら、トレーニング設備の整ったジムや屋内温水プールがあり、ゴルフ場をもつ大学もあります。

簡単にいつでも誰でも留学できる
日本で大学生といえば、社会経験のない20歳前後の若者たちですが、アメリカでは学歴が職場の地位昇進に大きく関係するので、いったん社会に出てから大学や大学院で学ぶのは一般的です。
そういったことからアメリカではだれでも大学に行くことができます。
高校成績やSAT(共通学力テスト)のスコアがいまひとつでも、無試験で入れるコミュニティーカレッジに入学して良い成績を取り、4年制大学に編入して優秀な成績で卒業し、名門大学院へ進学ということもあり得ます。
18歳や19歳の春の成績がその後の人生に大きく影響するような日本の制度とは異なり、アメリカは次のステップの学業成績で実力を示せば敗者復活のチャンスはいくらでもあるのです。

どんなことでも学べる
日本では自分の専攻したい科目がないということもありますが、アメリカなら、どんな分野でも探せば必ず専攻できる大学が必ずあります。
不動産、犯罪論、景観設計、老年学、映画制作など日本ではかなり特殊な専攻もあちこちにあります。
芸術系もアメリカではごく普通の専攻で、芸術を職業にしたいなら、アメリカには世界的に著名な音楽大学やアートスクールで学ぶといいでしょう。
「手に職」をつけたいなら、専門学校やコミュニティーカレッジに留学するという選択もあります。
アメリカ留学の目的は「勉強」と限る必要はありません。
飛行機やヘリコプターの操縦、音楽、ダンス、スポーツなど、アメリカで思う存分できることはいろいろあります。

自分にあった学校を見つけられる
アメリカの4年制大学には世界に冠たる名門校から、高校を出ていればだれでも入れる学校まで、さまざまな入学難易度の大学があります。
規模でいえば学生数が数十人のミニ大学から、5万人もの学生を擁するマンモス大学までありますし、女子大学、留学生が多い大学などあらゆる特徴をもつ大学があります。
立地条件もさまざまで、ニューヨークのような大都会、カリフォルニアやフロリダの海辺、紅葉の美しいニューイングランド地方、見わたす限りのトウモロコシ畑のど真ん中など、どんな好みでもぴったりの学校が見つかるはずです。
語学力に不安があるならコミュニティーカレッジがあります。
もともとは地域住民のための高等教育機関で、無試験で入学できるし、学校によっては語学研修プログラムをもつので、留学生にとっても利用価値は大きいといえるでしょう。

語学学校選びの5つのポイント

DEOWでは豊富な留学生受け入れ実績のある数多くの学校と提携し、皆様にご紹介しています。
その中から自分にぴったりの学校を見つけるための5つのポイントをご紹介しましょう。

行きたい国、都市から選ぶ

学校を選ぶ際、まずは「どこの国、どこの都市から選ぶか」という選択肢に行き当たります。
留学中の生活の場となるわけですから、自分にとって居心地がいい感じる場所が理想です。
自分にとって留学生活を送るのに理想的な環境は?と考えてみると、生きたい都市がイメージできるのではないでしょうか?

予算で選ぶ

次は予算という現実をクリアしなくてはなりません。留学にかかる費用は主に
  • 授業料
  • 滞在費
  • 生活費
  • 渡航費
です。
都市によって物価も異なりますし、出発する季節によっても渡航費は大きく異なるので、それらも含めて考えること必要です。

施設で選ぶ

学校に設置されているコンピューターの台数、寮やカフェテリアの有無なども学校選定基準のひとつです。
大学付属の学校であれば大学のジムや、カフェ、映画館などを利用できるという利点もあります。

コースで選ぶ

一般英語のほかに、英会話集中コースや、ビジネス英語コース、試験 (TOEFL 、 TOEIC 、ケンブリッジ英検など ) 対策コース、長期割引コースなどが用意されている学校がありますので、自分の目的に合った学校を選びましょう。

規模で選ぶ

生徒数が数十人の小規模な学校から1000人を超すような大規模な学校があります。
一般に大規模校のほうがたくさんの国籍の学生が集まり活気があります。
またコースの種類が豊富です。
一方、小規模な学校の場合、少人数なのでアットホームな雰囲気があり、学校のスタッフの目が隅々まで行き届くので初心者でも安心して参加できるでしょう。
授業に質は規模によって変わることはありませんので自分ん好みや性格、留学期間に合わせて選ぶのが良いでしょう。

だからアメリカに行こう!DEOWの留学とワーホリ♪

どこにもまねできない安心お任せのフルサポート
DEOWではお客様一人に対し一人のカウンセラーが専属で付く完全個別対応で、あなただけの留学プランを提案。
複雑な手続きもすべてサポート!
不安な悩みをできるだけ無くし、お客様が「目標」にだけ向かっていけるようにしています。

納得のいく料金・プラン・サービスで!
お客様の費用に合わせた様々な留学プランをアレンジできますので、お客様が一番納得いただける留学プランになるようにDEOWが一緒に留学プランを作っていきます。
お客様一人ひとりにぴったりのプランを柔軟に提供できるのもDEOWならでわです。
留学後は不要な追加料金等を一切いただかないわかりやすく、お得なシステムです。

お客様の自由を最優先に!
2週間先のすぐ出発の留学から、2年以上先の留学までお客様が行きたい時期に、準備期間に合わせて最高の完全オリジナルな留学にアレンジさせていただきます。

アメリカ留学センターお問合せ カウンセリング予約はこちら 無料見積りはこちら

語学学校一覧