アメリカ留学なら手数料無料で安心のアメリカ留学センター

TEL.0120-4192-09 オンライン申込み

ニューヨーク
ELS – NY Riverdale

イーエルエス・ニューヨーク・リバーデール校

ELS – NY Riverdale

ハドソン川を見下ろす丘の上、美しい緑の多い敷地内のオンキャンパスELSセンターで、ニューヨークにありながら大都会の忙しさを感じないゆったりとした環境です。言語学習だけでは物足りない方にご検討頂きたい特典が豊富で、ELSレベル107以上の英語力があれば提携先大学College of Mount Saint Vincent(カレッジオブマウントセントビンセント、略CMSV)で講義に実際に参加する機会が設けられます(※参加の申し込みは現地でする形です)。ELSの英語コース終了後にCMSVのフルタイム課程に進学する生徒はELSコースの単位が移行できる制度も設けられているは嬉しいポイント。

学校詳細

国籍日本、中国、アラビア、韓国、スペインなど(在学生の母語)
生徒数60-100人ほど
最低受講期間4週間
受入年齢15歳以上(寮滞在の場合は17歳以上)
施設・体育館
・図書館
・カフェテリア
・フィットネスセンター
・サッカー場
・バスケットボールコート
その他、無料シャトルバスサービス

(ELSの生徒は学生証を作成の上、大学の施設も利用できます)
日本人スタッフいません
特徴センター特典:
・大学講義の聴講(EAP受講生のみ、参加申し込みは現地で)
・大学講義参観(EAP受講生のみ、参加申し込みは現地で)
・Concurrent Enrollment(併学)
・TOEFL試験センター
・アメリカンカンバセーションパートナー

提携先大学:
・College of Mount Saint Vincent(カレッジオブマウントセントビンセント)
滞在方法・ホームステイ
・オンキャンパス学生寮(3人部屋のドミトリー)
アクティビティ(例)
・コンタクトアメリカ
・ブロードウェイミュージカル観劇
・フィラデルフィア、ワシントンに遠足
訪問者の声エリアの自然と学校の建築が綺麗な静かで安全な環境です。広い敷地内にある建物の設計が少しヨーロッパ風でアメリカにいることを忘れてしまいそうになることもありました。キャンパス内は落ち着きますが周辺にはあまりものがない印象でマンハッタンの中心部からも少し距離があるので、思い切ってニューヨークのシティライフを楽しめるとは限らないのは注意するポイントだとは思いました。
公式WEBELS – NY Riverdale

提供プログラム

  • EAP(アカデミック英語):大学レベルで勉強するのに必要な読解、文章力や語彙力を伸ばす、しっかりと設計されたカリキュラムで学習。受講者はELSの提携大学に、必要な英語レベルに達することで進学を認められる「条件付き入学」の応募も可能となります。
  • ジェネラルイングリッシュ:英語のコミュニケーション能力を向上させるためのプログラム。午前中の授業で習得したものの応用という形で午後はスキル強化を行います。大学進学を目指す方のためのEAPに対して、仕事やビジネスで使える英語の勉強に向いています。
  • セミインテンシブ:午前中のみの授業で、午後は新しい環境に慣れ、探検するための自由時間となります。しかしながら、カリキュラムはELSの集中的なものなので勉強する意思は必要です。
  • アメリカンエクスプローラ:アメリカ旅行を中心とした留学生活をしたい方にお勧めです。午後の自由時間を利用して観光名所を巡りながら現地の方との交流を図りましょう。
  • エグゼクティブのための英語:午前のグループレッスンと午後の1対1の指導でキャリア向けのコミュニケーション訓練を行う企業役員向けのコースです。最短受講期間が2週間というフレキシブルさがありがたいです。
  • スーパーインテンシブ英語:生徒自身のニーズに合わせて特別に設計される期間は1週間からの1対1集中コースです。月曜日がレギュラーな開始日となり、レッスン数は週15回から5レッスン単位で指定できます。
  • スーパーインテンシブプラス:1週間のレッスン数が70という超集中的なプログラムで、教室での授業と課外アクティビティでアメリカで行うビジネス活動の準備ができます。厳しい授業内容なのでELSのレベル106(中上級)以上から開始するのが望ましいです。

ムービー

ELS N.Y. Riverdale / ELS・ニューヨークリバーデール校の紹介

 

交通・アクセス

住所6301 Riverdale Ave. Riverdale, NY 10471
交通・立地高級住宅エリアのリバーデール地区内、キャンパスの目の前にバス停があります。賑やかなニューヨークシティの中心部までは地下鉄かバスを利用して行けますが、急行と鈍行で移動時間に大きく差が出ます。
アメリカ留学センターお問合せ カウンセリング予約はこちら 無料見積りはこちら

語学学校一覧